2015年08月30日

<6日目>ベッドと寝具類

照明と一緒にやって来たのがベッドです。
寝具一式はすでに運び込んでいたので、実質寝泊まりができるようになります。
そう、引越6日目にしていまだ新居で生活ができていないんですね。。。

過去記事「引越し計画」参照

ダブルクッションタイプのダブルベッド、搬入されました。

094.JPG104.jpg
6.3畳の寝室にダブルベッドを置くと、、、こうなります。の図

写真左側にあるクローゼット扉と干渉しないように設置すると、もうイッパイ。
配置選択の余地はありませんが、イメージ通りです。
搬入作業は難なくクリアしていました。

寝具類はほとんど通販で揃えて数ヶ月前から準備しておいた物を持ち込みました。
ベッドパッドとシーツは一体型のコチラを購入。

コレ、大当たりでした。
気軽に丸洗いができて、ベッドメイクも楽チン。綺麗で快適。
ズボラな「わたし」には家事もシンプルが一番です。

そしてこだわっていた?羽毛布団は、、、

猛烈な大塚家具のセールスをかわして、結局買ったのはコレでした!


「生毛(うもう)工房」
あの家電量販店のビックカメラがナゼか扱っている羽毛布団ブランドです。
大塚家具の若林くんから羽毛布団の知識を吸収して自分で探してみたところ、、、

※よくあるキーワードによるランク比較
水鳥の種類:グース(がちょう) > ダック(鴨、あひる) 超高級アイダーダックは別格
羽根の種類:ダウンが多ければ多いほど柔らかく、嵩が高くなる
保温性  :卵を温める“マザーグース”の羽毛は保温性が高い
産地   :ポーランド、ハンガリー > ドイツ >> 他

ポーランド産+ホワイトマザーグース+ダウン95% → 約10万円
これはかなり安い!みたいです(笑) 大塚家具よりはお得感を感じました。
生毛工房は一般的なサイズより縦横ともにワイド・ロングな所も気に入っています。
夏も冬もこれ1枚でイケるそうなのでコスパ抜群だと思います。 今のところ夏はオッケーでした

煎餅布団からダブルクッションダブルベッド&羽毛布団へクオリティアップ。
驚愕の寝心地を手に入れました!





スポンサードリンク





web拍手 by FC2
posted by WOO at 20:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 引越し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく、拝見させていただいています。
大きなベッドを購入されたようですが、足元はどれくらいスペースを取られましたか?
購入にあたり、欲しいベッドはカニ歩き状態になってしまうので、どうしたものかと・・・
それでも、気に入ったモノのがいいかなと思ったり。
Posted by みきぞう at 2017年10月07日 19:21
みきぞうさん、コメントありがとうございます!
返事が遅れて申し訳ありません。。。

今確認しましたが、ベッドは頭側を壁につけて
左右が100センチ/60センチ
足側が90センチ
を確保できました。

90センチが大体廊下くらいの幅になります。
やはり左右どちらからでもベッドインできることを想定しました。
寝室の形と窓の位置でベッドの位置はほぼ決まってしまうので、インテリアコーディネーターさんに相談できるとイイと思います!

Posted by WOO at 2017年10月11日 21:38
wooさん、こんにちは。
以前、ベッドについて質問させていただき、そのままにしてしまってごめんなさい。
すっごく悩んだのですが、残念ながらわたしの家ではベッドを中央に置くことができず、壁に沿わせました。
でも、気に入っていたベッドを購入できて満足して、快適な睡眠を得ています。
アドバイス、ありがとうございました。
これからも、楽しく拝見させていただきます!!
Posted by みきぞう at 2018年10月06日 15:43
みきぞうさん、ご報告ありがとうございます!
ベッドの選択は人生の一大事ですよね。
こんな名言もあるようです。

ベッドは我々の全生涯を包む。
というのは、我々はベッドで生まれ、生活し、そこで死ぬのだから。

快適な睡眠環境を手に入れられたようで良かったです!
これからもよろしくお願いします。
Posted by WOO at 2018年10月07日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。