2018年10月23日

エントランスアプローチを考える

公道から建物の玄関に至る通路、エントランスアプローチ

四季折々に美しい植栽
安らぎの夜間照明
車寄せとして大きく張り出した庇
水景施設

贅を求めればキリがありませんが、、、
パブリックとプライベートを心地よく切り替える大切な空間です。
そしてマンションに接した道路から見える体裁を整える役割があります。

狭い敷地に建てられたマンションは、エントランスの位置も道路境界ギリギリ。。。
このマンション、中はどうなっているのかな?どういう人が住んでいるのかな?
ガラス越しに住民のプライバシーが通行人の好奇の目にさらされてしまうことも。


見たな! 見てません。。。
積水ハウスCM「グランドメゾンがある街で。」

道路境界線から後退(セットバック)させて、奥行きを確保できれば理想的なんでしょうが、商業地域に立地するウチのマンションにはそういった余裕はありません。
苦肉の設計?で作られたエントランスアプローチがこうです。
なかなか文章では説明が難しいので、、、

ついに3Dイメージに手を出してしまいました(笑)
建築とまったく無関係なズブの素人がスケッチアップで遊んでいます。
無料版を使っていますが、直感的に操作できて面白い!

隣接するコンパクトな平屋建物(公共の施設)の奥にエントランスを配置し、道路からの目隠しを実現しています。

676.jpg

オジサンが立っている場所がマンション敷地内、アプローチの入り口になります。
右奥がメインエントランス、左側面は駐輪場の入口です。
接面する歩行者専用道路(レンガ色)は駅前に続いているため、人通りがそれなりにあります。

677.jpg

約16メートルのエントランスアプローチ
植栽の描画はテキトーになっちゃいましたが、入口に点景となる大きな樹木、アプローチの両脇に並ぶ植栽が奥行きを演出しています。
黄昏時、歩行者専用道路からライトアップされたアプローチに足を踏み入れると、フッと景色が変化してなかなかの私邸感があります。
派手さはないものの、落ち着いた雰囲気が形成されています。

こういうの大事だなーとシミジミ。
正直マンションを買う前は、出入りがしやすい動線ばかりを意識していました。
利便性だけではない価値って確かにありますよね。

。。。

考えるキッカケと言えばこれもそう。
前述の歩行者専用道路は飲食店が並ぶ、地元に愛される小さな商店街でした。
それが駅前の再開発に伴い人の流入は徐々に増えていき――
そして2年前。空気が激変しました。

※歩行者専用道路のイメージ画像です

678.jpg

ホントにこんな感じ。。。
人、人、人がスマホを手に佇み、画面をスワイプ、スワイプ!

そう、ポケモンGOです。
根強い人気ですね〜
好きな方も嫌いな方もいらっしゃると思うので趣味・嗜好に意見はありません。
ただこんな形で日常の風景に溶け込んでいくとは思ってもみませんでした。
ポケストップが豊富なんだとか。
そうかと思えばやたら人が少ない時もあります。 
発生イベントの時間帯とかがあるのかな? 釣りみたい

679.jpg
これはオランダの「ポケモン注意」標識

マンション管理組合でも協議して、アプローチ前に“関係者以外立ち入り禁止”の看板が設置される事態になりました。奥行きのあるアプローチのおかげで、さすがに住民以外は入ってみようとは考えないハズ、という安心感があります。





スポンサードリンク





web拍手 by FC2
posted by WOO at 15:22 | Comment(0) | マンションクエスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。